「祝う」は実は「のろう」とも読む

祝ってやる樹海の木に「祝ってやる」という落書きが書かれている画像がネット上で流行った事が有る。
この画像のポイントは、「呪ってやる」と書くべき所を誤って「祝ってやる」と書いてしまっている所だ。ちょっとした誤字で逆の意味になってしまっており、強い怨念とのギャップに面白味が有る。(因みに私はこの画像はコラージュではないかと思っている。何故なら示偏だけが全体と比べて色が薄いからだ。だとしても能く出来たコラージュだと思う。)

◆「祝う」は「のろう」とも読む

しかし「祝う」は「のろう」とも読むのだ。「嘘だろ」と思う人が多いかもしれないが、この「のろう」という読みは常用漢字外の読み、即ち表外読みで、漢検準一級の問題に出題される読みである。
この事実を知っている人は稀な様で、ネット上では「祝ってやる」画像を「『祝う』は『のろう』とも読むんだぜ!」と指摘している人は全くいない(この画像を見る人の年齢層が低いというのも因子になっているだろう)。

カテゴリー: 言語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">