H27年と28年跨ぐ冬の気候 01-25、全国が歴史的寒さ


平成27年と28年を跨ぐ冬の生活について語る。

私は手が冷えやすく、冬になると手袋を着けていても霜焼けになることがある程だった。しかし今度の冬は、手袋をつけないことが多かったにも関わらず、不思議と霜焼けにはならなかった。長袖の服を重ね着していたからかもしれない。但し耳が軽い霜焼けになった。

地上波番組

1月の24日と25日は、日本全国が歴史的な寒さに襲われた。

私は家では年中に亘ってエアコンを全く使わずに生活している。
私はこの頃が非常に寒くなることは1週間前から知っており、無事に過ごせるだろうかと恐々としていたが、想定していたほど寒くは感じなかった。
今冬もエアコンを全く使わずに厚着によって寒さを凌いだが、24日頃は屋内でも鼻息が白くなる程寒くなった。恐らく、室温が0℃程になっていたのだと思う。
大変だったのは水道水の扱いだ。手を洗えば指が氷のように冷め、口を濯げば歯に沁みた。

、走っていたら凍った地面で滑って、危うく転びそうになった。地面が凍っている際は走るべきではない、と学んだ。

2月中旬から1週間ほど軽い感冒に罹った。これは周りの人に責任があると思う。何故なら、私の身の周りの人はマスクを付けずに咳を繰り返したり、換気を妨げていたからだ。

カテゴリー: 私事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">