私の自転車 「リムの横振れ」が発生 0円独力修理に挑戦

平成25年の中期の或る日、私の自転車の前方のリムが、左の制輪子に常に当たっている状態になっていた。
常にブレーキが掛かっている状態なので、ペダルが非常に重い。雨で濡れた道路を走っている時は軽くなる。
前輪が、フロントフォークに対して線対称で無いので、自転車前方から見て「く」の字に曲がっている様だ。急に起こった現象で、強固な車輪が歪むというのが不思議だ。
ウェブで調べて見ると、「リムの横振れ」が起きているという事らしい。

自転車屋に持っていけば直ぐに直せるだろうが、機械工学の学習も兼ねて、金銭を一切使わず色々な方法(主に下記)を駆使して独力で直す事にする。

  • 運転中、前輪に負荷が掛かる時に、リムの曲がった方向に車体を傾ける。
  • リムを金槌等で叩く。

◆自転車の出来事

12月頃から、自転車進行中にタイヤと接している制輪子が、屡前後の向きに振動し「ブブブ」と大きな音を出すようになった。自転車に乗りながら左足でリムを蹴ると音は出なくなる。

平成26年1月8日、制輪子の「ブブブブ・・・」という音が、リムを蹴っても直らなくなった。宛らオートバイに乗っている様だ。
リムと制輪子の接触が軽減したが、こんな騒音が出るのではもっと悪い。早く横振れを根治させたい。

カテゴリー: 私事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">