排尿時に体が震えることがあるのは何故か

私の中学時代の或る理科の授業中の出来事をふと思い出した。それは男性の理科担当教師のちょっとした話である。
その教師は、「男性は排尿し終わった後、体が震えることがある。これは排尿に因って失った熱を補う為なのだと思うが、女性も体が震えるのだろうか。」と話し、排尿後に体が震えるかを女生徒たちに訊いた。しかし、女生徒たちは誰も一言も発さず教室はシーンとなった。その後教師は「恥ずかしくて答えられないか。」と言ってその話題は終わった。

この出来事をふと思い出して、この教師の発言に疑念を持った。疑念を持ったのは女生徒に恥ずかしい事を訊いたことではなく、「体が震えるのは失った熱を補う為」という説明である。

思索

或る物質が体から失われて体温が下がるとしたら、その物質は「人体の平均温度より高い」と考えるのが自然だ。しかし、人体の熱源は細胞であり、膀胱内の尿自体は発熱しない。従って、膀胱内の尿が人体の平均温度より高いとは考えにくい。よって、「排尿に因って体温が下がるから体が震える」という説明は誤りであるように思えるのだ。

このように考えている内に、今度は「あの教師の説明は正しいのではないか」と思えてきた。何故なら、冬など気温が低い環境では、「中心部程熱く、表面程冷たい」という状態になる。故に、膀胱内の尿が人体の平均温度より高いという状態は起こり得ると考えられる。そして、排尿後に体が震える現象は冬など気温が低い環境で発生しやすいのだ。ということで、「排尿に因って体温が下がるから体が震える」という考えは一理あると思った。

然し乍ら、体が震えるのは一瞬に過ぎず、それで体温が上がるとは直観的には考え難い。それに、排尿しても体温が下がるのには時間がかかるだろうから、体が震えるのが”排尿後直ぐ”というのも少し不思議だ。
考えれば考える程に謎は深みを増していく。

答え

疑問の答えを得るためにウェブ検索したところ、Yahoo! 知恵袋などの「非専門家同士の質疑応答」のページが多く提示された。
私はこういうサイトに掲載されている情報は余り信用していないので、より信頼性の高い情報を探した。それが次の2つのサイトだ。

結局、学術的には結論が出ていないとのことだ。

カテゴリー: 自然科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">