湿度が高いと静電気放電が発生しにくい理由

誰しも、ドアノブに触れた際に、手に「ビリッ」と静電気放電を感じた経験があるだろう。
冬など湿度が低い状況では静電気放電が起きやすく、逆に湿度が高いと起きにくい。これは何故だろうか。

湿度が高くなる(空気中の水分量が増える)と物質表面の吸着水分量が増す。すると、物質表面の電気伝導率が向上し、電荷の漏洩速度を高める。
物質中の電荷が大気中に放電されるので、物質は静電気を帯びにくい。故に物質に触れた際に大きな静電気放電が発生しない。逆に湿度が低いと、静電気が蓄えられ大きな静電気放電が発生し易い。

分かりやすい解説

実は、湿度が高くなると静電気放電がし易くなる。これだけ聞くと「”湿度が高いと静電気放電が発生しにくい”という事実と矛盾するじゃないか!」と思われるだろう。
これはどういうことかというと、実は高湿度の状況では、物質は弱い静電気が小刻みに放出されている。その静電気がヒトが実感できない程弱い為に、「放電されていない」と思い込んでいるわけだ。”湿度が高いと静電気放電が発生しにくくなる”という認識がそもそもの誤りなのだ。
高湿度の状況では、静電気は少しづつ放出されていき溜まっていかない。だから、物質に触れた際に大きな放電が発生せず、静電気放電を実感できないのだ。

カテゴリー: 自然科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">