サイコパス(反社会性人格障害)の分かりやすい解説

概要

サイコパスとは、人間性が正常でない人のこと。
サイコパスの性質は、心理学では「精神病質」と呼ばれ、精神医学では「反社会性パーソナリティ障害」と呼ばれている。

東アジアでは1000人に1人程度がサイコパスである。

サイコパスの特徴

  • 話が上手く、表面的には魅力がある
  • 自尊心が高く、自己中心的である
  • 平気で嘘をつく
  • 人を操って利用する
  • 良心が異常に欠けている
  • 他者に共感しない
  • 責任が全く取れない
  • 行動のコントロールが出来ない
  • 性的な言動が異常である

サイコパスとされる主な人物

松永太

北九州監禁殺人事件の主犯で、自分の手は一切汚さずに被害者同士の殺し合いをさせた。

テッド・バンディ

極めて優秀な社会活動の裏で、若い女性30人以上を殺害した。裁判では弁護士を付けず、自身で弁護を行った。

ジョン・ゲイシー

極めて優秀な社会活動の裏で、少年ら30人以上を殺害した。「殺人ピエロ」の異名を持つ。

大久保清

画家に扮し、巧みな話術・物腰柔らかな態度で若い女性を誘い、次々と殺害した。

ジム・ジョーンズ

共産主義のカルト教団の教組。信者を私欲に利用し、900名を超える信者を集団自殺に導いた。

被害者を増やさないための対策

自分が被害があわない様にするには、どうするべきか?
サイコパスは、善良な人を高度に装って社会に溶け込んでいるため、サイコパスであると見抜くのは極めて難しい。「こいつはサイコパスだ」と気づいた時には、その被害者になっているのだ。したがって、被害を避けるのはほぼ不可能である。被害者を増やさないためには、「”サイコパスの疑いのある人物を発見した際の周囲への警告”をお互いに行う」という社会全体の協力が必要だ。
自分が被害にあった時の対策は何か?
サイコパスの根本的な治療法は、今のところ無い。サイコパスに説教をしても、良心を持たないので改心することは無い。ゆえに、被害をそれ以上大きくさせないために、出来るだけ関わらない様にするしか無い。
カテゴリー: 自然科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">