Wikipediaの記事「巨大歯(Macrodontia)」英語版の日本語訳


巨大歯とは、限局性巨人症(localized gigantism)の一種で、歯が通常より大きいという歯の形態異常である。
巨大歯には真性全般性巨大歯(true generalized macrodontia)、相対全般性巨大歯(relative generalized macrodontia)そして単独歯の巨大歯の3種類がある。真性全般性巨大歯は希少で、単独歯の巨大歯の方が一般的である。
巨大歯の永久歯を持つ人は、全体の1.1%である。
外観の似た長胴歯(taurodontism)や癒合歯(fusion)との混同に注意しなければならない。

原因

単独歯の巨大歯は形態分化期(歯の発生)の障害が原因で発生する。全般性巨大歯(generalized macrodontia)の場合は、通常はホルモンの失調(例:下垂体性巨人症)に起因しており、これは顔の半身過形成(hemihyperplasia)と関連付けることが出来る。

治療

巨大歯となった歯を削るか抜歯する。抜歯した際は、インプラントか架工義歯に置き換えられる。

カテゴリー: 自然科学 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">