サイト内記事のGoogle検索エンジンでの検索順位が大幅低下

当サイトの記事の、Googleエンジンによる検索順位が大幅に低下した。

Googleにおける検索ワードの当サイトの表示結果(3月8日に調査)
・「2013 税収」・・・従来は1ページ目に出ていたが、40ページまでめくっても、見つからなかった。
・「沖縄振興予算」・・・従来は1ページ目に出ていたが、40ページまでめくっても、見つからなかった。”pub.ne.jp/threeforest/?entry_id=4744303″はもともと2ページ目以降に表示されていたはずだが、このページをトラックバックした後、1ページ目の3番目に表示されるようになった。
・「ムーマの塔」・・・従来は1ページ目に出ていたが、22ページ目で”mugi.hp2.jp/category/site”がやっと現れた。

事実上、Googleエンジンから抹殺された。

アクセス数も激減した。
3月7日ごろから、検索からのアクセスが殆ど無くなった。訪問者の多くは、当サイトがトラックバックを送信したサイトの管理人による確認の為のアクセスのようだ。

◆原因の考察

原因は、私がトラックバックを大量に送信したことのようだ。1記事あたり、多いときは数十件送信していた。これをGoogleがスパムだと誤認し、当サイトにペナルティを負わせたようだ。
私が送ったトラックバックは、ちゃんと対象の記事に強く関連しており、善意のものである。Googleはシステムの改善をして欲しい。
時間をかけてトラックバック送信に勤しんでいたのに、折角の努力が逆効果だった。

ペナルティを課された直接の原因は、3月7日に「大人のピタゴラスイッチ」のトラックバックを約80件送ったことによるようだ。80件ものトラックバックを一日で送ったため、Googleにスパムと認識されてしまったようだ。

カテゴリー: 当サイト パーマリンク

サイト内記事のGoogle検索エンジンでの検索順位が大幅低下 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Google検索エンジン 考察 | むぎの手記

  2. ピンバック: トラバ大量送信に因るGoogleペナルティ 三ヶ月経って検索順位が復活 | むぎの手記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">