テレ朝 報道ステーション(2015-09-16) 国会関連報道 纏め


報道ステーション(放送分)の国会関連報道を纏めた。

概要

参議院の平和安全法制審議に対して、否定的な報道のみを長時間行った。

放送内容

参院特別委まだ始まらず 安保法案”採決”巡り攻防
反対運動の「採決中止、戦争反対、強行」と連呼する様子を放映してから「その法案は確実に国の形を変える」とナレーションした。
古舘伊知郎が「平和安全法制という名前が正しいのか甚だ疑問だ。地方公聴会は何のためか、儀式か。」と主張した。
理事会室前の野党議員らについて、「女性の声を聞け」「しっかり審議しろ」というヤジ、”廃案”連呼の様子を伝えた。
横浜市の反対運動に就いて、「戦争させない、子どもを守れ」を連呼する様子を伝えた。横浜市の公聴会後に議員が乗った自動車の通行を妨害する集団に就いて「体を張った抵抗」と紹介した。
国会前の反対運動を紹介し「強行採決絶対反対、反対」と連呼する様子を伝え、参加者3人の意見、更に参加者の長谷部恭男(憲法学)の「違憲だ」、井筒高雄(元自衛官)の「自衛隊員が犬死する」という主張を伝えた。
京都府京都市、北海道札幌市、福岡県福岡市の反対運動を紹介し、それぞれ参加者1人の主張を伝えた。
「廃案」叫ぶ大規模デモ 安保法案”採決”巡り攻防
国会前の反対運動を中継して紹介した。
安保採決前に大混乱 寺島氏,中島氏に聞く
スタジオに中島岳志(政治学)と寺島実郎の2人を呼び両者に意見を述べさせたが、両者とも否定的主張に終始した。
中島は「憲法が崩壊した。安保政策論が憲法を優越してしまうと憲法の空洞化になってしまい、為政者にフリーハンドを与える。」「国会が崩壊した。政府は衆議院・参議院共にまともな説明がなく、国会は形式的に時間だけ費やした。議会制民主主義の形骸化の問題がある。」「連立与党が崩壊した。公明党は砂川判決は根拠ならぬと言っていたが自民は根拠になるといっている」「保守政治が崩壊した。急進的で物事を一気に変えていくのは保守でない」と主張した。
寺島は「首相が国民の理解なく強行採決しようとする根拠に岸信介の日米安保条約があるが、当時とは時代が違う」「日本人が自立、自尊かけて日本の運命を自分たちで決める事が必要だ」「アメリカ国防総省は歓迎しているが”日本のリスクに巻き込まれたくない”という考