6社H2501126(火)朝刊(都内版)の一面トップ記事の題名と分析

◆朝刊(東京都内版)の一面記事の題名

産経新聞
首相「領空守り抜く」 防空識別圏 中国、南シナ海も示唆 首脳会談 年内困難
読売新聞
遺族年金 男女差は違憲 夫に受給制限「差別的」 大阪地裁判決
毎日新聞
麻生政権時に骨格 「民主政権で検討」の秘密保護法制 「懲役10年」やテロ防止目的
きょう採決の構え 与党 衆院 維新、通過応じず
朝日新聞
与党、きょう採決強行 秘密保護法案、衆院で
問題多数 拙速すぎる採決
東京新聞
与党推薦者も強い疑念 福島公聴会 原発情報遅れで不信〔ウオッチ 秘密保護法案〕
日本経済新聞
NISA口座 毎年選択 金融機関 複数可能に 政府・与党方針 非課税投資 使いやすく修正

◆分析

朝日新聞や東京新聞は、特定秘密保護法案を「危険」と騙す世論操作工作を一面トップで行っている。しかも一面トップでのこの工作の頻度の高さは極めて異常である。

朝日は法案の採決を「強行採決」と称しているが、単なる多数決であり、無論、異常な事は一切無い。朝日の「強行採決」レッテル貼り戦略は、民主主義を毀損するものであり、自民党と国会の名誉を貶める為の極めて卑劣な工作である。

東京新聞は福島県を出汁にして法案や自民党の印象を悪くさせる工作を行っている。
そもそも原発事故に関する情報発信の遅れは民主党の責任であり、平成21年の「民主党政権の誕生」は東京新聞/朝日新聞/テレビ朝日/毎日新聞/TBS等の韓国や共産主義のテロリストが操るマスメディアが仕掛けたテロである。
即ち、自作自演の報道なのである。

カテゴリー: メディア パーマリンク

6社H2501126(火)朝刊(都内版)の一面トップ記事の題名と分析 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 国会の特定秘密保護法案 マスコミが廃案に追い込む為の世論操作 | むぎの手記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">