粒子状物質「PM2.5」とは?

粒子状物質とは、一般的にはマイクロメートル(μm)の大きさの固体や液体の微粒子のことをいう。

◆名称の成り立ち

粒子状物質は英語で「Particulate Matter」という。”Particulate”が「微粒子」、”Matter”が「物質」という意味。略して「PM」と呼ばれる。
粒子径が概ね2.5μm(0.0025ミリメートル)以下のものを「PM2.5」と呼ぶ。
粒子径が概ね10μm以下のものは「PM10」と呼ぶ。

カテゴリー: 環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">