H24年度国内CO2排出量、前年度比3%増 3年連続増 原発停止影響

▼読売新聞 二酸化炭素排出量、3年連続増…原発停止が影響(2013年10月3日07時30分)
 経済産業省は2日、2012年度に石油や石炭、天然ガスの利用に伴う二酸化炭素(CO2)の排出量が、前年度比2・8%増の12億700万トンと3年連続で増えたと発表した。

 電力消費量は節電の定着などで2・0%減ったが、CO2の排出量は08年秋のリーマン・ショックで景気が落ち込む前の07年度(12億1800万トン)並みとなった。

 原子力発電所の停止で火力発電の稼働が増えたことが主因だ。原子力による電力供給が前年度比84・3%減と落ち込んだことで、電力各社は石油などを使う火力発電所をフル稼働させた。

 CO2など温室効果ガスの排出を巡っては、民主党政権が「20年までに1990年比で25%削減」する目標を掲げたが、12年度は化石エネルギー由来のCO2排出量は90年度(10億5900万トン)比でも13・9%増えた。安倍政権は民主党の方針をゼロベースで見直すことを表明している。

カテゴリー: 環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">