汚染水流出した海水 放射性濃度、極めて低く影響無し 福島県分析

▼読売新聞 汚染水流出、「海水に影響なし」…福島県が分析(2013年10月7日21時50分)
 東京電力福島第一原発の貯蔵タンクから高濃度の汚染水があふれた問題で、福島県は7日、汚染水が流出したとされる排水路出口付近で採取した海水について、放射性物質濃度の分析結果を公表した。

 放射性セシウムは1リットル当たり1・72ベクレルで、「海水に影響があったといえる数値ではない」とした。

 発表では、セシウム134が1リットル当たり0・52ベクレル、セシウム137が同1・2ベクレル、ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が同0・18ベクレルだった。国が示す放出限度はそれぞれ同30~90ベクレル。海水の採取は3日午後に行われた。

◆考察

このニュースは汚染水による健康被害は全く心配無い事を証明する重要なニュースだ。
所が、ほぼ全てのマスメディアがこのニュースを報じず、報じているメディアでも扱いが非常に小さい。これは、汚染水流出を重大な事件だと国民を騙す為の工作である。この様にして世論を〈脱原発〉に誘導し、日本を滅ぼす事を狙っているのである。
このような極めて凶悪なテロを仕掛けるのは、マスメディアを日本を滅ぼす事を狙う韓国が操っている為だ。人類正義の為に、一刻も早くマスメディアを粛清し、韓国を滅ぼさねばならない。我が国による韓国統治は正しかったのである。

カテゴリー: 環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">