今世紀末の日本、平均気温が4.4度上昇、真夏日が年50日増 環境省

MSN産経ニュース 東京は亜熱帯に? 温暖化で今世紀末に真夏日50日増加(2014.6.6 20:36) (Internet Archive:1 archive.today:1)

 環境省は6日、温室効果ガスの排出が今のペースで増えると、最高気温が30度以上の真夏日が今世紀末に全国平均で年間約50日増えるとする予測を発表した。東京都は現在の48・5日から100日程度に増えるほか、那覇市は1年の半分と倍増する見通し。現状8日の札幌市でも1カ月強が真夏日になる。

 平均気温は全国平均で4・4度上昇。東京都は現在の約16度から奄美大島並みの20度程度に“亜熱帯化”する見込み。

 一方で、努力して温室効果ガスを減らす場合は、全国の真夏日の増加は約12日、平均気温の上昇は1・1度にとどまる。

 環境省は「有効な削減策を進めなければ国民生活への影響が大きい」と指摘した。

 複数の温室効果ガスの濃度の想定や計算手法を使い、全国を7地域に分けて2080~2100年の今世紀末の予測を1984~2004年の現在の気候と比較した。

カテゴリー: 環境 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">