9世紀後半の土器にひらがな 京都

京都市にある平安時代の貴族の邸宅跡から出土した9世紀後半の土器に、多数のひらがなが書かれているのが見つかりました。
ひらがなは、これまで10世紀になって確立したと考えられていて、専門家はひらがなの歴史が半世紀ほどさかのぼることを示す第1級の貴重な資料だとしています。

ひらがなが書かれた土器は、京都市埋蔵文化財研究所が去年4月から京都市中京区にある平安時代の貴族、藤原良相の邸宅跡で行った発掘調査で見つかりました。
土器は9世紀後半の皿や高つきなど20点で、その表面に合わせて150字ほどのひらがなが書かれていました。
研究所によりますと、このうち直径14センチの皿の破片の裏に書かれたひらがなは「うとましい」という意味の「ひとにくしとおもわれ」(人憎しと思われ)と読めるということです。
また、別の皿の破片に残る「かつらきへ」という文字は、当時の歌でよく使われたことばだということです。
研究所によりますと、これまでひらがなは「土佐日記」や「古今和歌集」などがつくられた10世紀になってから確立されたと考えられていて、9世紀に書かれたものはほとんど見つかっていませんでした。
当時、文化の中心だった京都で9世紀後半のひらがながまとまって見つかったことで、専門家は、ひらがなの歴史が半世紀ほどさかのぼることを示す第1級の貴重な資料だとしています。
京都市埋蔵文化財研究所の吉崎伸調査課長は「当時、平安京は、文化的にはいちばん進んでいた場所で、当時の貴族がひらがなを使いこなしていたことが分かる。ひらがなの発生や発展を知るうえで、非常に重要な資料だ」と話しています。

出典:NHKニュース(11月29日 11時7分) 9世紀後半の土器にひらがな 京都

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">