芥川賞作家・目取真俊拘束 反基地運動でCamp Schwab侵入


産経ニュース 辺野古で芥川賞作家拘束 米軍、禁止区域に立ち入り(2016.4.1 16:05) Archive:1

米軍は1日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部にある米軍キャンプ・シュワブの敷地内に許可なく立ち入ったとして、抗議活動をしていた沖縄県在住の芥川賞作家、目取真俊(めどるま・しゅん)氏(55)を拘束した。県警関係者が明らかにした。

シュワブの周辺海域には、米軍や工事用船舶以外の航行を禁じる区域が設定されている。関係者によると、目取真氏はこれまでも、この区域付近でカヌーを使った抗議活動を繰り返していた。

目取真氏は沖縄県出身。平成9年に「水滴」で芥川賞を受賞した。「平和通りと名付けられた街を歩いて」や「沖縄『戦後』ゼロ年」など、沖縄を題材にした著作が多い。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">