中国当局機 尖閣周辺で領空侵犯

13日午前、尖閣諸島で、中国当局のプロペラ機が一時、日本の領空を侵犯し、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進しました。
防衛省によりますと、中国機による領空侵犯は統計をとり始めて以来、今回が初めてだということです。

13日午前11時6分ごろ、尖閣諸島の魚釣島の南およそ15キロの上空で、中国当局のプロペラ機1機が領空侵犯しながら飛行しているのを海上保安庁の巡視船が発見しました。
巡視船が領空侵犯しないよう呼びかけたものの「ここは中国の領空である」と答えたということです。
プロペラ機は午前11時10分ごろ魚釣島の北東の方向に飛び去り、巡視船の視界から消えたということです。
海上保安庁からの通報を受けて、航空自衛隊は沖縄県の那覇基地からF15戦闘機8機をスクランブル=緊急発進させましたが、到着したのは飛び去ったあとで、中国機は確認できなかったということです。
このため、自衛隊機による警告は実施していないということです。
このプロペラ機は、尖閣諸島周辺に海洋監視船を出している中国の国家海洋局所属で、海上保安庁が撮影した写真によりますと、機体には、海洋監視船と同じ「中国海監」という文字が書かれています。
防衛省によりますと、中国機による領空侵犯は統計をとり始めて以来、今回が初めてだということです。

出典:NHKニュース(12月13日 19時20分) 中国当局機 尖閣周辺で領空侵犯

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">