大阪地裁 大飯原発停止の申し立て却下 「安全基準満たしている」

読売新聞 大飯原発停止認めず…大阪地裁、申し立て却下(2013年4月17日)
 国内で唯一稼働している関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)を巡り、近畿2府4県と福井、岐阜両県の住民262人が、安全確認が不十分として、関電に運転停止を求めた仮処分裁判で、大阪地裁(小野憲一裁判長)は16日、「3、4号機は安全上の基準を満たしている」として、住民側の申し立てを却下する決定を出した。東京電力福島第一原発の事故後、各地で原発運転差し止めなどを求める訴訟などが相次いでいるが、安全性を認めた司法判断は初めて。

 両機は福島第一原発事故後に定期検査のため運転を停止。国が求めた非常時の代替電源確保などの緊急安全対策や、地震や津波に襲われた際の安全の余裕を調べるストレステスト(耐性検査)などを経て、昨年7月に再稼働した。

 決定で、小野裁判長は安全対策について「福島の事故の原因解明と教訓、現在の科学技術の水準に照らして相当な根拠と合理性がある」と認定。「原発周辺の三つの活断層が連動する地震が起きれば、原子炉内の核分裂反応を抑える制御棒の挿入が遅れ、大事故に至る」とする住民側の主張についても「3連動の地震でも、具体的な危険性は認められない」と判断した。

 また、小野裁判長は、大飯原発の敷地内で確認された断層「破砕帯」についても「現段階の調査では活断層と認めるに至っていない」と指摘。津波の危険性についても「安全の限界である11・4メートルを超える大津波が襲来する可能性は認められない」とした。

 住民側代理人の冠木克彦弁護士(大阪弁護士会)は記者会見で「危険性についての警告が少しはなされると思っていた。関電側の言い分をそのまま認めた決定で非常に残念」と話した。

 一方、関電の八木誠社長は「私どもが主張してきた安全性が認められたと考える」とし、「自主的、継続的に(発電所の)安全性向上のための対策をしっかりやっていく」と強調した。

 杉山憲一郎・北海道大名誉教授(原子力安全工学)の話「福島の事故後、国の指示で電力会社が行った安全対策で、原発のリスクが社会に受け入れられる程度に低減できたことを裁判所が認めた形。同様の対策は全国の原発で取られており、技術的には再稼働に支障はないと言えるだろう」

◆司法判断を支持

大阪地裁の判断は正しいものであり、私は支持する。原告側の主張は非科学的で、認める余地は全く無い。
原子力規制委の新基準は撤廃し、全国の原発の稼動を速やかに進めるべきだ。

原告は安全性を理由に稼動停止の訴訟を起こしているが、これは表向きの理由付けだろう。真の理由は、以下のようなものである。
(1)国家転覆を狙うテロリストに唆されたりデマを真に受け、原発を絶対悪とするカルトに陥っているため、潰したい
(2)原発について考えるのが面倒くさいのでとりあえず潰したい
(3)カルト宗教の信者なので潰したい
(4)日本を滅ぼしたい

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">