H25東京都議選 自公完勝、民主・維新は大敗、みんな・共産は大幅増

▼読売新聞 維新惨敗2議席、みんな・共産は大幅増…都議選(2013年6月24日01時58分)
20130624-069985-1-L
 東京都議会議員選挙(定数127)は23日、投開票が行われた。自民党は安倍内閣の高い支持率を背景に、59人の全員当選を果たし、4年ぶりに都議会第1党の座を奪還した。

 現職のみ23人を擁立した公明党も6回連続で全員当選。自公の与党で82議席となり、過半数(64議席)を大幅に上回った。

 現職中心に改選前の議席維持を目指した民主は、1人区で次々と自民に議席を明け渡し、前回は3議席を確保した世田谷区では1議席も取れなかった。改選前の43議席から15議席となり、第4党に転落した。

 都議選初参戦となった維新の会は34人を公認。都内で抜群の知名度を誇る前都知事の石原共同代表が選挙区を回ったが、橋下共同代表の「慰安婦」「風俗」を巡る発言で苦戦し2議席にとどまった。一方、20人を公認したみんなの党は改選前の議席を大きく上回り、7議席を確保した。

 全選挙区に42人を立てた共産は改選前の8議席から17議席へと倍増、条例提案権のある11議席を上回った。

 投票率は、過去2番目に低い43・50パーセントだった。

◆むぎの主張

自民党が完勝した事は道徳的に喜ばしい事だ。寧ろ、同党の議席数は少な過ぎる位である。
維新の会は、有権者の支持が橋下代表の発言を理由に落ち込んだが、これは韓国等のテロリストが日本のマスコミを掌握しているからである。国家転覆を狙うテロリストが目障りな維新の会を潰す為に橋下代表の発言に就いて大袈裟に騒ぎ立てて支持を落とそうと工作を行い、それにまんまと有権者が扇動され、この様な結果になったのだ。橋下代表の発言は実際は大した問題ではない。また、マスコミの今回の維新潰しの工作には、憲法改正を困難にして日本を滅ぼそうという狙いも有ると見られる。
逆に民主党の議席は多過ぎる。国会質問で嘘を吐いて更に卑劣な悪態をつくという同党に因る大事件があったが、テレビ・新聞はこの事件を完璧に隠蔽した。この様な工作の御蔭で民主党はこれだけの議席を得られたのだ。本来ならほぼ零に近い議席だろう。
共産党も多すぎる。

投票率が低い事は問題ではない。何故なら現在「一人一票」という不条理な制度になっている為、「誠意があり責任がある人」のみが選挙権を行使すべきだからだ。寧ろ問題は、「誠意や責任の無い人間が投票している事」である。権利と責任が対応した社会を目指さねばならないのである。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">