中国海軍の艦艇3隻 沖縄の南を北上

中国海軍の3隻の艦艇が沖縄の南の海上を北上しているのを、海上自衛隊の哨戒機が確認しました。
このまま北上を続ければ、沖縄周辺の海域を通過する可能性があり、防衛省が監視を続けています。

防衛省によりますと、22日午後5時ごろ、沖縄本島の南およそ470キロの太平洋を中国海軍の艦艇が航行しているのを、海上自衛隊の哨戒機が確認しました。
艦艇はミサイル駆逐艦など3隻で、その後も北上を続けていて、このままのコースを進めば、23日午後、沖縄周辺の海域を通過するとみられるため、防衛省が監視を続けています。
中国海軍の艦艇は、太平洋で訓練を行うため、年に数回、沖縄周辺の海域を行き来していて、主に島どうしの間隔が広く公海上を航行できる、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過しています。
しかし、今月16日には、間隔が狭い沖縄県の先島諸島の与那国島と西表島の間を初めて通過し、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったあと、一時、尖閣諸島に向かうコースを航行しています。

出典:NHKニュース(10月23日 13時27分)「中国海軍の艦艇3隻 沖縄の南を北上

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">