米Glendale市慰安婦像設置 市長、雑な議論・韓国人圧力を批難

J-CAST 米市長、慰安婦像設置で「非常に遺憾に思っている」 韓国メディア反発、「波紋広がる」と報道(2013/10/13 16:27) Internet Archive:1

韓国以外では初めて「従軍慰安婦像」が設置された米カリフォルニア州グレンデール市のデーブ・ウィーバー市長が、慰安婦像に否定的な発言を繰り返しているとして、韓国メディアに困惑が広がっている。

韓国メディアでは、この発言が「弾劾事由に該当する」という市関係者の声を伝えており、今後波紋が広がりそうだ。

「日本人はほとんどいないが、韓国人は1万2000人以上住んでいる」

慰安婦像は2013年7月に設置され、9月にインターネット放送局「チャンネル桜」が現地取材。9月30日に市長のインタビュー動画を掲載した。

グランデール市では、市長は5人いる市会議員の中から選出される。ウィーバー市長は5人の中では唯一慰安婦像に反対票を投じたが、設置が決まってから市長に就任したため、事態が複雑化している。

市長はインタビューの中で、反対理由を、

「国際関係に巻き込まれるようなことはすべきではない」

と説明。

「市議会では大して議論されなかった」
「当市に住んでいる日本人はほとんどいないが、韓国人は1万2000人以上住んでいる。誰が力を持つか、想像すれば分かりますよね」

と、設置が決まるまでのプロセスを疑問視した。

「今となっては『日本で最も憎まれる都市』になってしまった」

設置後については、

「メールが1000通来た。韓国と日本の両方から来た。韓国からは感謝の言葉、日本からは『よくそんなことができるものだ』と」
「住民からは2~3通来ただけ」

と住民不在を嘆き、像の設置を阻止できなかったことを後悔している様子だった。

「私は日本人が好きだが、我々は、今となっては『日本で最も憎まれる都市』になってしまったと受け止めており、非常に遺憾に思っている」
「この論争が始まったのは残念だ」

像そのものについても

「誰が見に行くか分からないし、自分もまだ見ていない。どの程度の人が維持に手間をかけるかも分からない。想像するに、韓国人が年に1回程度式典を行う程度なのではないか」

と距離を置く考えだが、いわゆる慰安婦問題そのものについては、

「(日韓双方に)多くの真実はあるだろうし、ある程度の真実でないこともあるだろう」

と、直接の評価は避けた。

一連の発言を朝鮮日報やソウル新聞などの韓国メディアは10月12日になって「波紋を広げている」と報じている。特に朝鮮日報は、

「市議会は、市長発言は議会の議決権を正面から否定しており、弾劾事由に該当するとの立場」

と指摘。

「来週開かれる市議会の会合で、この問題に正式に対処するだろう」

という市関係者の声も伝えており、市長が今回の発言をきっかけに政治的に追い込まれると見立てているようだ。

考察

アメリカ現地での韓国人によるデマ散布活動は、実態は韓国政府が操っているものであると見られる。「自然発生」に偽装してアメリカで反日世論を盛り上げる為の工作である。「世論で優位を作る」というのが韓国の作戦で、従って国際的に力の非常に強いアメリカを操ろうとしているのだ。
これは、2020年五輪招致に於いて韓国政府が市民団体を利用して東京落選工作を行った事からも判断出来る。

この件に就いて知っておいて欲しいのは、韓国がベトナム戦争で民間人に対する大虐殺を行った事実を、極めて残酷な方法で抹消しようと工作している事だ。これに就いては下の記事を読んで参考にして頂きたい。

これから韓国は、ウィーバー市長を最も卑劣な手法で迫害する事になるだろう。市長を救わねばならない。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">