平成25年4~6月期実質GDP、前期比0.9%増・年率3.8%増 大幅成長

▼MSN産経ニュース 4~6月期の実質GDP、年率3.8%増に大幅上方修正 消費増税判断の材料に(2013.9.9 09:16)
 内閣府が9日発表した4~6月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動を除いた実質が前期比0・9%増、年率に換算すると3・8%増となった。先月12日発表の速報値である年率2・6%増から大きく上方修正した。

 生活実感に近い名目GDPは、前期比0・9%増で、年率換算は3・7%増だった。

 GDP改定値は、来年4月の消費税率引き上げについての判断で、最も重視する経済統計と位置づけられている。今回、速報値から大きく上方修正されたことで、10月上旬にも実施する安倍晋三首相の消費税率引き上げ判断にも大きく影響するとみられている。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">