中韓相次ぎ軍事演習 西太平洋と竹島 対日挑発・脅威、増大化

MSN産経ニュース 中韓相次ぎ軍事演習 西太平洋と竹島 対日牽制狙う(2013.10.25 23:40) (Internet Archive:1,2 archive.today:1,2)

 【北京=川越一、ソウル=名村隆寛】中国海軍の北海、東海、南海の3艦隊が西太平洋に集結し、大規模な合同軍事演習を行っていることが25日までに明らかになった。韓国の海空軍や海洋警察も同日、日本固有の領土、竹島(島根県隠岐の島町)で、民間人の上陸を想定した防衛訓練を行った。いずれも日本を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 中国海軍の合同演習「機動5号」は18日に始まり、11月初旬まで行われる。中国メディアは「三大艦隊が初めて同時に第1列島線を突破」と宣伝している。

 日本の防衛省は24日、北海、東海艦隊所属のミサイル駆逐艦2隻とフリゲート艦3隻が、沖縄本島と宮古島の間の海域を通過したことを確認。南海艦隊の艦船はバシー海峡を通過し演習海域に入った。

 中国紙、湖北日報(電子版)によると、今回は遠洋に狙いを定めた初の演習で、敵味方に分かれて水上、対潜、航空戦で競う実戦性の強いものになる。中国外務省報道官は24日の記者会見で、自衛隊が11月に行う離島奪還訓練に懸念を示しており、対日牽制の狙いもあるとみられる。

 中国初の空母「遼寧」は23日に停泊地を離れ、渤海で艦載機の海上試験飛行を行うと伝えられる。西太平洋の演習部隊と指揮ネットワークの試験を行う可能性も指摘されている。

 一方、防衛省は25日、沖縄県の沖縄本島-宮古島間の上空を同日午後、中国軍の爆撃機など計4機が相次ぎ通過し、太平洋との間を往復飛行したと発表した。空自の戦闘機などが緊急発進(スクランブル)して対応、領空侵犯はなかった。中国軍機が南西諸島を越えて太平洋に進出したと確認されたのは7月、9月に続き3例目で、4機は最多。

 竹島での韓国の防衛訓練には駆逐艦やF16戦闘機が投入され、海軍特殊部隊の上陸訓練も行われた。

 非公開予定だった訓練は「いかなる状況においても独島(竹島の韓国名)を確固として守る韓国軍の意思を示すため」(国防省)公開された。

 竹島の領有権を主張する動画を日本政府が公開したことへの対抗措置とみられる。

◆考察

中韓の「日本侵略作戦」が順調に進んでいる。
自衛隊は防衛力を大きく増加させねばならない。しかしそれも、韓国等の凶悪テロリストの工作に因って妨害されている。韓国は日本のマスメディア(特に、朝日新聞・テレビ朝日・TBS・毎日新聞)を操り、韓国のテロ活動を日本国民に知られないよう工作している。更に、「日本が軍国主義化している」などという荒唐無稽な筋書きを植えつける工作を行っている。まずは、日本国民が「韓国が日本のマスメディアを操っている」という事に気付かなければ、何も始まらない。
人類正義に則り、中韓は滅ぶべきだ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">