経常黒字、過去最少=今年度上半期、41.3%減-貿易赤字最大

財務省が8日発表した2012年度上半期(4~9月)の国際収支速報によると、海外とのモノやサービスの取引状況を示す経常収支の黒字額は前年同期比41.3%減の2兆7214億円となった。上半期ベースの経常黒字額としては、現行統計で比較可能な1985年度以降で過去最少を記録した。
海外景気の減速で欧州や中国向け輸出が低迷し、貿易赤字が年度半期ベースとして過去最大に膨らんだことが響いた。同省は「経常収支は貿易収支の動向による影響が極めて大きい」と、今後の輸出などの動きを注視していく方針だ。
主な内訳では、貿易収支は2兆6191億円の赤字で、前年同期に比べ1兆円超赤字額が拡大した。輸出は、欧州と中国向けが不振で0.9%減。輸入は原発停止を補う火力発電燃料の液化天然ガス(LNG)や原油調達が増えたため3.4%増えた。
旅行や物流などのサービス収支も1兆6791億円の赤字。この結果、貿易・サービス収支は4兆2982億円の赤字と、前年同期に比べ2兆円超拡大した。

出典:時事ドットコム(2012/11/08-11:32) 経常黒字、過去最少=今年度上半期、41.3%減-輸出低迷、貿易赤字最大・財務省

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">