ホワイトハウス署名「グレンデールの侮辱像撤去」 マラーノ氏開始

「テキサス親父」の愛称を持つトニー・マラーノ氏が、米ホワイトハウスが設置している請願サイト「WE the PEOPLE」で請願「Remove offensive state in Glendale, CA public park」を投稿した。

この論題の和訳は「カリフォルニア州グレンデールの市立公園に建てられた『侮辱的な像』を撤去せよ」。
請願内容は、「カリフォルニア州グレンデールの市立公園に建てられた像を撤去してください。この慰安婦像は、平和への祈願を装っていますが、その銘文を読めばわかるように、その本質は日本国と日本人への憎悪を煽り立てるものです。」。
請願成立には、平成26年1月10日までに10万筆の署名が必要だ。

◆署名方法

署名方法は、テキサス親父日本事務局 【テキサス親父】グレンデールの売春婦像を撤去しろ!ホワイトハウス署名のお願い(2013-12-12)に詳しく解説されている。

◆むぎの考察

「NEWSポストセブン」の韓国 ベトナム戦争での「ライダイハン」を史実から消去画策を読めば判るように、韓国がアメリカで展開している自称「慰安婦」運動は、平和を願った物ではない。
実態はその真逆で、「都合の悪い事実の抹消」と「日本侵略」が狙いである。

マラーノ氏に依るこの活動は、人類普遍の道徳に於いても極めて偉大だ。私は彼の活動を強く支持する。私は1月11日に署名した(締め切りの日付を勘違いしていたのだが、署名は出来た)。

マスメディアでこの署名活動を報道したのはJ-CASTと産経新聞社だけで、他の巨大テレビ局(NHK/民放)や巨大新聞社は報じていない。

◆1月2日、10万人達成

1月2日、署名者数が10万人に達した。
この事を、読売新聞/産経新聞/日経新聞/NHK/47NEWS/共同通信などが報じたが、それは極めて小さい扱いで、国民の殆どは知らされていない。
朝日新聞と毎日新聞に至っては、一切報じていない。これは、これらのメディアを韓国が乗っ取っているからだ。

◆ナッソー郡の署名

同様の署名活動が、NY州ナッソー郡に建てられている侮辱像に対しても行われている。こちらはアメリカ時間12日までが締め切り。下記が当該請願のページ。
Please remove offensive state in Nassau County New York, Eisenhower Park.
私は1月11日に署名した。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

ホワイトハウス署名「グレンデールの侮辱像撤去」 マラーノ氏開始 への1件のフィードバック

  1. 匿名 のコメント:

    日本のマスゴミの役立たずぶりにムカつきます。
    こう言うことこそ、産経新聞の様にきっちりと国民に知らしめるべきです。
    そんなに国民に知られるのが恐いのでしょうか?
    日本人が、一致団結するのを恐れている勢力がマスゴミの中に多数いると言う事です。
    絶対に10万票いかせましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">