韓国、「電源比率、原発を26%からH47年迄に29%に増加」決定

読売新聞 韓国、原発増設へ「高価格の電力は経済に負担」(2014年1月28日19時13分)

 【ソウル=吉田敏行】韓国政府は2035年までに、電力供給の原子力発電の比率を現在の26%から29%に引き上げることを決めた。

 計画済みの11基以外に、5~7基の原発増設が必要になる見通しだ。韓国では、東京電力福島第一原発事故以後、「脱原発」の世論が高まった時期もあったが、低コストで安定した電力供給を実現できる原発を活用する現実路線を取った形だ。

 方針は「第2次エネルギー基本計画」として14日に閣議決定された。韓国産業通商資源省の担当者は「価格が高い電力の比率が高まれば国家経済に負担がかかる。エネルギー安全保障上も原発は重要だ」と説明した。

 韓国では12年2月、釜山の古里コリ原発1号機で全ての外部電源が一時停止する事故が発生。昨年は、国内の原発23基のうち、20基で大量の品質書類偽造が発覚し、国民の信頼低下を招いた。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">