米、米企業にサイバー攻撃した中国将校5人を起訴 原発企業等諜報

MSN産経ニュース 米、中国将校5人を起訴 サイバー攻撃、原発企業などスパイ(2014.5.20 07:06) Internet Archive:1 archive.today:1

 【ワシントン=加納宏幸】米連邦大陪審は19日、サイバー攻撃で米企業にスパイ行為を行ったとして、中国人民解放軍のサイバー攻撃部隊「61398部隊」の将校5人を起訴した。東芝傘下の原発大手ウェスチングハウス(WH)など5社と労働組合1つから、機密情報を奪った疑いがある。司法省によると、米国がサイバー攻撃を通じたスパイ行為で、外国の当局者を起訴するのは初めて。中国は強く反発しており、サイバー問題をめぐる米中対立が激化しそうだ。

 被害にあったのは、WHや鉄鋼大手USスチール、アルミ大手アルコアなど。5人は2008~12年にかけ、サイバー攻撃を行ったとされる。WHのケースでは、将校の一人が10年、WHが中国で建設中の最新型原子炉「AP1000」4基に関する技術や設計の機密情報を盗んだという。

 USスチールのケースでは、将校が社員に電子メールを送ってコンピューターをウイルス感染させ、情報を奪っていたとされる。

 ホワイトハウスは、中国が発信源とみられるサイバー攻撃を「米国の産業に対する最大の脅威の一つ」ととらえ、中国政府に繰り返し懸念を表明していた。

中国「捏造」と抗議

 中国外務省の秦剛報道官は19日、中国軍の将校が起訴されたサイバー攻撃は「米国が捏造(ねつぞう)した」と起訴撤回を要求、サイバーセキュリティー問題で設置された米中の作業部会の活動中止を表明した。(共同)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">