H26年春就職率 大卒=3年連続増、高卒=バブル期並 安倍政策効果


MSN産経ニュース 大卒就職率、3年連続で上昇、94・4% 景気回復で求人増 高校生は「バブル期水準」(2014.5.16 09:02)

 今春卒業した大学生の就職率(4月1日現在)は前年同期比0・5ポイント増の94・4%だったことが16日、厚生労働省、文部科学省の調査で分かった。アベノミクスによる景況感の回復を受け3年連続の上昇となったが、平成20年のリーマン・ショック前の水準には届かなかった。なお約2万2千人が内定を得られていないと推計され、ハローワークなどを通じて既卒者の就職支援を続ける。

 調査は全国の国公私立大62校、短大20校を抽出し、就職希望者に占める内定者の割合を調べた。その結果、大学生の就職率は男子93・8%(前年同期比0・6ポイント増)、女子95・2%(同0・5ポイント増)で、ともに改善。文系は94・0%、理系は96・4%だった。

 地域別では、関東96・4%、中部95・4%、近畿93・8%、中国・四国92・8%、九州90・8%-など。短大生(女子のみ)の就職率は94・2%(同0・5ポイント減)で伸び悩んだ。

 東日本大震災の復興需要や景気回復で求人が増える一方、リーマン・ショック前の就職率96・9%(20年3月卒)に届かなかった理由について、厚労省では「大企業を中心に厳選選考の傾向が強かったため」と分析している。

 高校生の就職率(3月末現在)は前年同期比0・6ポイント増の98・2%(男子98・6%、女子97・6%)で、4年連続の上昇。リーマン・ショック前を超え、バブル期の就職率98・5%(5年3月卒)に匹敵する水準となった。「復興需要で、建設業の求人が伸びたことなどが影響した」(厚労省)という。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">