韓国、河野談話検証公表日に竹島周辺で射撃訓練 暴力で脅迫

MSN産経ニュース 日本政府の中止要請を「一蹴した」韓国、竹島周辺で射撃訓練(2014.6.19 22:19) (Internet Archive:1,2archive.today:1,2)

 【ソウル=加藤達也】韓国軍が竹島(島根県隠岐の島町)周辺の日本領海を含む海域で実施する射撃訓練について、韓国外務省当局者は19日、「韓国固有の領土である独島(竹島の韓国名)周辺で行われるもので、日本政府の問題提起は一顧の価値もない」と主張し、日本政府の中止要請を「一蹴した」と語った。韓国側は訓練の目的を「海軍の操艦、射撃の練度を維持するため」としている。

 ただ、訓練海域に日本領海が含まれるのは最近では異例だ。訓練の日程も、日本政府が慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話の検証結果を公表する当日と重なっており、日本側から「極めて挑発的だ」(外交筋)と受け止められるのを承知で実施に踏み切ることを決めたとみられる。

 韓国側は河野談話の検証に対し、「日韓関係の基礎をなしてきた談話を破壊しようとする行為だ」(与党幹部)などと激しく牽制(けんせい)してきた経緯がある。

 また、韓国政府は竹島をめぐり、昨年10月25日にも「右翼の民間人の上陸」を想定した陸海空軍による訓練を実施している。

 この訓練も韓国側の公式見解では「定期的な訓練」だったが、この日は竹島の領有を主張するために韓国が定めた「独島の日」にあたる上、韓国国防省は実施をあえて公表した。日本側はこの時も挑発行為と受け止めた。

 朴槿恵(パク・クネ)政権はオバマ米政権の働きかけを受け、対日関係を調整する動きを水面下で進めているが、実際には今回の訓練のように、関係改善に逆行する行為が目立っているのが実情だ。

考察

韓国は河野談話検証に対して「領海を侵犯し軍事演習をする」という極めて凶悪な暴力で脅迫している。
こんな蛮行を犯す国が「人権侵害」や「戦争犯罪」と日本を誹謗するのは、明確に矛盾している。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">