「日本維新の会」と「結いの党」合い「維新の党」発足 野党2位


MSN産経ニュース 「維新の党」正式発足 国会議員団会長に松野氏(2014.9.22 19:45)

 日本維新の会と結いの党が合流した「維新の党」は22日、大阪府選挙管理委員会を通じて総務相に新党の届け出を行い、正式に発足した。所属国会議員53人で構成する党本部の下部組織「国会議員団」の会長選の告示も同日行われ、ただ一人立候補した松野頼久代表代行の就任が決まった。

 旧維新の国会議員団代表だった松野氏は会長選出後の記者会見で「これから維新と結いは仲間だ。心を一つに挙党態勢を組んでいきたい」と抱負を述べた。24日に国会議員団幹事長などの人事を発表する。

 旧結い代表の江田憲司共同代表は国会議員団の役職には就かないが、議員団の役員会に出席し、意思決定に関与する。党首討論には江田氏が参加する。

 ただ、国会運営は松野会長の権限が、橋下徹、江田両共同代表の権限を上回る仕組みとする方向。維新系が要職を担う党本部人事に続き、国会活動も維新系主導となりそうだ。

 新党の届け出では、21日に解党した結いが維新に合流する形をとり、党名を維新の党に変えた。新党の「責任者」は橋下氏、「主たる事務所」は大阪市で、旧維新の届け出を継承した。

考察

”集団的自衛権行使容認”及び”原発再稼動”に就いて、「太陽の党」系は何れも賛成。対して「結いの党」は何れも反対。この様に「太陽の党」系は迎合性の無い極めて誠実な勢力で、「結いの党」は逆に劣悪であった。
しかし橋下徹氏は「太陽の党」系と手を切り「結いの党」を吸収した。故に、「日本維新の会」は「維新の党」に変わって大きく劣化したと云える。

橋下徹氏が「太陽の党」系と手を切り「結いの党」を吸収したのは、橋下徹氏が「政権を握る」という野望を抱いている事が原因だ。「結いの党」は大衆迎合の性質が非常に強い為、橋下徹氏は「国民の支持に就いて、「太陽の党」系は得られないが、「結いの党」なら得られる」と判断したのだ。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">