2014 FIFA W杯 3位決定戦/決勝戦の考察

サッカー 2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会

感想と考察

3位決定戦 ブラジル-オランダ 0-3

ブラジルは又しても期待を失望に変えた。流石に今試合は立て直して勝てると思っていた。
直近2試合をPK戦まで戦っており、日程も一日短いオランダに敗れたのだから、実に無残だ。尤も、今試合のオランダの戦い振りは見事だったと思う。

オランダの3強入りは、2大会連続4回目。
ブラジルは3大会ぶり10回目の3強入りは実現しなかった。

決勝戦 ドイツ-アルゼンチン 1-0

私は確実にドイツが勝つと予想していたので、決勝戦であるにも拘らず試合に大きな関心を抱かなかった。しかし、蓋を開けてみれば実に素晴らしい内容で、見応えの有る物だった。
アルゼンチンは前試合をPK戦まで戦っている為、体力面で苦しむと思っていたが、此れまでの激戦の影響を感じさせない働きをし、私は驚いた。
絶好機はアルゼンチンの方が多く、内容ではアルゼンチンが勝利と云って良い。絶好機を決められなかったのは、ドイツGK・Neuerに怖じていたという要素も有っただろう。
ドイツは前試合のブラジル戦を前半で実質決めており、後半は間違いなく体力を温存していただろうから、疲労面でドイツとアルゼンチンの差は相当有った筈だ。此の疲労度が両者で同等なら、アルゼンチンが確実に勝っていたと思う。

私は確実にドイツが勝つと予想していたので、余り興味が湧かず即時で試合を観なかった。

ドイツの優勝は、6大会振り4回目。
アルゼンチンは7大会ぶり3回目の優勝は実現しなかった。

カテゴリー: スポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">