2015FIFA女子W杯 日本、Group突破 これまでの考察と今後の展望

FIFA女子ワールドカップ カナダ2015

全グループの全試合が終了し、決勝トーナメント進出国のトーナメント配置も確定した。

日本のグループステージの戦いの考察

対戦相手は全て格下で、私は全試合を快勝してくれるだろうと思ったが、何と全試合が「1点差で勝利」だった。まるで創作話の様にドギマギさせてくれる。
決勝トーナメントに向けて主力を温存できたのは好かった。しかし、全勝ながら格下を相手に1点差に終わったり、安藤梢選手が離脱したりと、今後を臨むと不安の方が大きい。

日本の決勝トーナメントの戦いの展望

日本は、FIFAランクは現在4位。1位のドイツ、2位のアメリカ、3位のフランス、5位のスウェーデンが全て別の山に配置されたため、決勝進出を目指す上では日本が最も有利であると云える。
更に言うと、先に述べたライバル4ヶ国が決勝戦進出までに潰し合う事になる。したがって、日本が決勝戦まで駒を進め得れば、相手がこのライバル4ヶ国であっても、相手の方が疲労が蓄積している蓋然性が高いため、日本の優勝に於いても有利なのだ。

したがって、私は日本代表の決勝トーナメントに於ける成果について、グループステージは苦しんだが、優勝も見込めると期待している。しかしその一方で、グループステージの戦いが不安定だっただけに、早めに敗退してしまう虞もある。

決勝トーナメント初戦はオランダ戦である。オランダはW杯初出場で格下なのだが、グループステージの戦いから考えるに、「勝てる」という確信は持てない。
日本代表が本大会を通して如何なる戦果を残すのか予想が難しい訳だが、それに因って大会への興味が煽られる結果となっている。

優勝国予想

現時点で私が予想している優勝国はアメリカだ。

カテゴリー: スポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">